冷却期間

短い交際期間だった恋を復活させる為の冷却期間とポイントとは?

投稿日:

まだ付き合いが浅い頃は、次に会う時のことを考えるのが楽しみの一つだったりしますよね。

「次のデートはどこへ行こう、ちょっと遠出するのもいいな」なんて思いながら過ごしていたのに突然別れを告げられてしまったら、とてもショックを受けてしまいます。

私自身、付き合って間もない頃に突然振られたことがあってショックでしばらく立ち直れなかったことがありました。

その時の私の心境はこうです。

 

「え、どういうこと?」

「何がいけなかったのだろう」

「もう本当に終わってしまったの」

 

別れた現実を受け止めることができず、辛かったことを今でも覚えています。

恋人と別れた後、まだ好きだから復縁したいと思っていても、交際期間が短かったら復縁するのは難しいだろうなと落ち込んでいませんか。

私は付き合っていた期間と復縁できる確率は関係ないと思います。

 

それよりも重要なことが二つあります。それは、

 

別れた原因が何なのかを突き止めて問題を解消すること

どの位の冷却期間で復縁に向けて行動すればいいかを見極めてアプローチすること

 

なので、この二つの点についてこれから詳しく話していきたいと思います。

 

まずは、交際期間が短いカップルが別れることになった理由で多いものについて考えていきたいと思います。

 

交際期間1年未満に起こりやすい別れの原因とは?

そもそも交際期間が短いとは、どの位の期間を指すのでしょう。

一般的に短いと言われるのは、一年未満みたいです。

 

一年未満といっても、付き合って1カ月くらいで別れてしまうカップルと半年以上付き合ったカップルでは別れの原因も少し違いがでてきちゃいますよね。

 

なので、ここでは3つの期間に区切って別れの原因として多いものを取り上げてみました。

3カ月まで

試しに付き合ってみたかっただけだった

付き合う時に、すべての人が相手のことを好きになって付き合うわけではないと思います。

試しに付き合ってみて様子をみようと思っていた場合は、これ位の時期に自分の気持ちを整理して好きという感情がなかったら別れを選ぶかもしれません。

 

「カッコいい、可愛い」とちやほやされてつい嬉しくなって勢いで付き合ってしまったり、真剣な思いに根負けして付き合ってしまったりと、自分が受け身で始まった場合は気持ちも冷めやすいことが多いです。

イメージと違っていた

付き合った後に思っていた人と違っていたということはよくあります。

これは私の友人の話しですが、

 

友人は彼氏の印象が清潔感がある人だったので綺麗好きだと思っていたら、付き合って初めて彼の家に行った時に驚くほど部屋が汚かったそうです。

 

結局、彼のだらしなさを受け入れることができず3カ月ほどで別れてしまいました。

別れる時に、嫌なところを言われていた場合はそこを直す努力を示すことで復縁できる可能性があります。

 

ただ、付き合いが短いとハッキリと理由を言わずに別れるケースもあると思います。

相手が勝手に思っていたイメージなんて分からないし、どうしたらいいんだろうと思いますよね。

 

こんな時は、あなたのマイナスなギャップとして当てはまりそうなことがないか一度考えてみてはどうでしょう。

例えば、

 

言い方がきつい

愚痴や不満が多い

時間にルーズ

自分の話ばかりする

 

など、今までに友人や家族などに言われたことがないか思い出してみてください。
何か答えが見つかるかもしれません。

付き合うことに成功したら興味がなくなった

付き合いたいと思った動機が自分になびかない人を振り向かせたい、イケメンや美女と付き合ってみたい、周りから人気がある人の恋人になってみたい、などの場合は付き合うまでを目標にしている場合が多いです。

 

付き合った後はもう目標達成していて、興味がなくなってしまうので、早い段階で別れてしまうようです。

話が合わない

付き合う前の期間は、お互いにまだ気を遣って相手に合わせることが多いですよね。しかし、数カ月経って慣れてくると、だんだんと素の部分がでてきます。

 

自分の趣味などの話を夢中になって話し続けてしまうと、相手が聞くばかりになって不満が溜まってしまいます。

さらに自分のことばかり喋って、相手の話をあまり聞いていない場合はこの人とは話しが合わないと思われてしまった可能性があります。

 

あなたが話したいことを話せることは良いことですが、相手に関心をもって話を聞く姿勢がないと二人で楽しい時間を過ごすことができなくなってしまいます。

 

長く続くカップルは、お互いに安心して話せるような信頼関係ができているのでしょう。
二人が心地がいい会話を心掛けてみてくださいね。

なかなか会えなくて冷めてしまった

付き合ってみたものの、時間が合わないとデートも減ってしまいます。

会う時間の少なさに比例して気持ちも冷めてしまうことがあります。付き合いが短いと余計に距離を感じやすくなって、別れに繋がりやすいのではないでしょうか。

 

忙しくて会う時間が作れないときはマメに連絡をとって、好きな気持を伝えることを積極的にしてみましょう。

気持ちが繋がっていれば、多少会う時間が少なくても大丈夫だと思います。

価値観が合わない

付き合う前は、ほとんどの人が自分をそこまで見せていない状態です。付き合ってから知った相手の理解できないところが、どうしても受け入れることができない時は当然別れることを選択してしまいます。

 

時間やお金の感覚が合わない、将来に対する考え方が違うなど価値観が合わないと感じて別れを選んだ人がいるでしょう。

 

嫌なことを伝えられていなくても、態度や表情から何か不満がありそうな時はちゃんと相手に聞いて、直したほうがいいところは改善する努力をすると長続きするかもしれませんよ。

半年頃

束縛が酷くて耐えられなくなった

最初は分からなかったけど、付き合っていくうちに分かってきた恋人の束縛の酷さ。

少しやきもちを焼かれるくらいなら嬉しいですが、度を越えるとストレスや恐怖に変わることだってあります。

 

他の人のところに行ってしまわないか不安でも、信頼しなければいい関係を築くことはできません。不安なことがあるなら、話し合って解決を目指しましょう。

生活リズムの違いから付き合うのが難しいと思った

学生の時はみんな同じように生活することが多いので、相手の生活状況が分からないことって少ないと思います。

社会人になると同じ生活リズムの人を探すほうが難しいくらいです。

 

特に土日休みと平日休みのカップルはデートする日を決めるのも大変ですよね。
上手くいくカップルはどんなことを工夫しているのでしょうか。

https://twitter.com/_21_cg/status/1100608902935109632

 

 

https://twitter.com/coffee5959___/status/1119224435649568768

 

休みが合わないカップルは、有給を上手く使ってデートしたり、仕事終わりや、ランチなど少しの時間でも会うようにする工夫をしているみたいですね。

また、なかなか会えない時に連絡をマメに取ることも長続きさせる秘訣でしょう。

半年から1年以内

付き合う楽しさが減ってきた

この時期に初めての倦怠期を迎えるカップルも少なくないようです。

 

「会話の話題も尽きてきたし、何を話そう」

「最近いつも彼の家で映画やテレビを見て、食事して終わりっていうお決まりコースで飽きてきちゃった」

 

なんて思っている人も多いのではないでしょうか。

新鮮さがない、付き合う楽しさが薄れてきたといった理由で別れてしまうことが多くなってくる時期だと思います。

 

いつも同じ場所、同じデートでは相手の反応も同じになってしまいます。新鮮さがなくなってきたのなら、お互いに新鮮なところを発見できるようなデートプランを考えて実行するといいですよ。

 

例えば、グランピングやキャニオニングなどのアウトドアは最近人気がありますよね。

お互いが初めての体験をすることで、相手のまだ知らなかった一面を発見できて面白いかもしれません。

 

私の友人カップルはバンジージャンプに挑戦し、みごと絆を深めることができましたよ。

「男の俺のほうが飛ぶのに時間がかかって、彼女のほうが1回目のカウントダウンであっさり飛べてしまったよ」と笑いながら話してくれました。

彼は、彼女の度胸と何でも楽しんで挑戦してみようという気持ちに改めて惚れ直したそうです。

好きな人ができた

付き合いが半年以上続くと、相手のことを徐々に分かってくる頃だと思います。

同時に、付き合った頃の新鮮さは少なくなっていく時期でもあります。

 

そんな時に、異性と新しい出会いがあったら全てが新鮮なので、心を奪われてしまうかもしれません。

最近服装や趣味が変わった、連絡やデートが減ったなどの兆候があったら他に好きな人がいて別れを選択した可能性があります。

 

この場合は、すぐに復縁を迫ると拒否されてしまうので、2、3カ月くらいしてから連絡してみるといいでしょう。

もし、交際が始まっていたら無理して復縁に持ち込まず、もう少し待ってから再度連絡してみてください。

 

交際期間が短いなら冷却期間も短いほうがいい?

短い交際期間で別れてしまって復縁したい場合は冷却期間も短めに設定するほうがいいです。

なぜなら、交際期間が短いと長いカップルに比べて付き合っていた時の印象が薄く、長く冷却期間を置いてしまうとそのまま忘れられてしまう可能性が高いからです。

 

どのくらいの期間を空けるのが良いかというと、別れた後2、3週間以内を目安に連絡するのがいいと思います。

 

ただし、1週間以上空けてから連絡したほうがいいでしょう。

翌日や1週間以内は、冷静になれない人が多いので、感情的になって上手く話し合えない可能性があるからです。

 

例外として、喧嘩別れはあまり時間を空けずにすぐ誤ったほうがいいと思います。

交際期間が短い場合は、素直に謝って改善の努力をすると伝えれば受け入れてくれることが多く復縁しやすいからです。

 

謝る時は、自分が悪かったところを明確にして、今後どうしていくか考えたうえで連絡してみてください。

 

短命恋愛の復縁方法が知りたい、成功談3選

あなたは復縁したいと思っているものの、どんな風にアプローチをしたらいいか悩んでいませんか。

短い交際期間で別れた場合、相手のことを深く知らないまま終わってしまったので復縁をどう進めていいか分からなくて行動できなくなってしまう人って多いです。

 

重要なことは、考えすぎないで行動してみることです。

あなたが考えた方法でもう一度元カレ、元カノと向き合ってみてください。

 

いいと思った方法で一度挑戦すると、良い反応でも悪い反応でも相手の事を知ることができるからです。

 

相手の事を知る、これこそが復縁に繋がる大切なポイントなのです。

 

やってみて上手くいかなかったら、別の方法でアタックすればいいのです。

ここからは、あなたと同じ付き合って1年未満で別れてから復縁に成功した私の友人の体験談を紹介します。

 

復縁エピソードNO.1

遠距離恋愛がうまくいかずに別れてしまったAくんの場合

Aくんの彼女が付き合ってすぐ夢のために海外に行くことになり、遠距離恋愛をすることになったのです。最初の頃は2カ月に1回は会いに行っていたのですが、徐々にお金がきつくなってきて、会いに行く話もしなくなったそうです。

彼女の方は、ぎりぎりの生活を送っていて、とても日本に戻ってくるお金はありませんでした。

そして、交際して9カ月頃に彼女から「やっぱり離れているのは寂しくて辛い」と言われ別れてしまいました。

しかし、別れて2週間が過ぎても彼女への気持ちが変わらなかった彼は必死に考えて、ひとつの答えに辿り着きました。

彼女に連絡を取り、

「別れたけど、○○の夢を応援したい気持ちは変わらない」

「もし、困ったことや、必要なものがあれば頼って欲しい」

「ただ○○のサポートがしたい」

と伝えました。彼女は「ありがとう、その気持ちはとても嬉しいよ」と言ってその時は終わったそうです。

それから時々連らくするようになった二人。

ある日、彼女から「こうやって自分の気持ちを素直に話せるAくんの存在の大きさに気づかされた、もう一度付き合いたい」

と言われ復縁に成功したのです。

友人が復縁することができたのは、会う機会が少ない分、心の距離を縮めることを頑張ったのだと思います。

もう一つ大切なことは、電話やメールで復縁を伝え易い関係を保つことだと思います。

遠距離の場合、気軽に会えないので復縁のために会う約束をすることも大変になってしまいます。別れてから久しぶりで気まずい関係になる前に連絡するほうがいいでしょう。

 

復縁エピソードNO.2

尽くし過ぎて振られたBちゃんの場合

好きな人が喜んでくれるなら何でもしてあげたいと思って、尽くしすぎちゃう人っていますよね。

私の友人Bちゃんも彼氏に尽くしすぎちゃう人でした。

例えば、何か重要な用事がある時に寝過ごさないようにモーニングコールを毎回してあげたり、彼の部屋に行くと必ず掃除をしたり、会う日の予定を聞かれれば「私は○○の都合のいい日で調整するよ」と言っていたそうです。

そして、付き合って3カ月頃、彼氏から「なんかBちゃんって重たい」と言われ振られてしまったのです。

別れた直後、「こんなに彼の為を思って色々やってきたのにヒドイ」と言っていました。

しかし、1週間ほどして彼女に会った時に、冷静に自分を見つめ直し、こんな発言をしていたのです。

「自分が我慢してまで彼に合わせていたかもしれない」

「相手が望んでいないことまでやってしまっていたな」

「一方的に何かするんじゃなく、彼と一緒に楽しめる関係になりたい」

と言っていました。

その後、元カレに連絡して会うことになったBちゃんは、きちんと気持ち伝えて復縁することができたのです。

Bちゃんの場合は自分の行動が相手にとってどうだったかをきちんと考えて、悪かった部分を素直に伝え、今後前向きに自分を変えていこうという姿勢が彼に通じことで復縁できたのだと思います。

 

復縁エピソードNO.3

自分の好みを押し付け過ぎたCくんの場合

私の友人は交際期間半年で彼女から振られてしまいました。彼女から別れ際に、「私は、あなたの好みの人にはなれない、もっと他に理想の人がいるよ」と言われ、振られてしまったのです。

彼は付き合っていた頃に

「○○は髪もっと短いほうが似合うと思う」
「モノトーンの服が多いけど、ピンクとか女の子っぽい服装のほうが○○には似合うよ」

など自分の好みを押し付けるような発言をしてしまっていたことに気づき、反省したのです。

1週間が経ち、彼はまだ彼女のことが好きだったので、やり直したくて彼女ともう一度会う機会をつくりました。

連絡してから1週間後に彼女と会った彼は、

「自分の好みの服装とかメイクを押し付けちゃってごめん」

「これは、嫌な思いさせちゃったからお詫びに」

と言って、彼女が欲しがっていたリップグロスをプレゼントしたのです。

「これから○○の好きなもの沢山知っていきたい」

「だからもう一度付き合って欲しい」

と伝えたそうです。彼女は
「私の好きなものちゃんと覚えていてくれて嬉しい」

と言ってくれて、その日のうちに二人は付き合うことになったのです。

Cくんの場合もBちゃん同様に自分の悪かったところに気づき、今後安心して付き合えると相手に分かってもらえるようなアプローチができたことが復縁に繋がったのだと思います。

3つの復縁成功談を読んであなたはどのように感じましたか。この3つのエピソードには共通点があります。

 

自分の過去の行いから今に活かせることを探す

別れてから1カ月以内に復縁するための行動をする

この二つを意識すると復縁しやすくなると思います。

短い交際期間で別れてしまうと、別れた原因が相手を知る貴重な情報になのです。
そこを理解することができれば、復縁できる可能性が高くなると思いますよ。

まとめ

短い交際期間で別れる理由で多いのは、想像していた付き合いと違っていた、嫌なところを受け入れることができなかったなどが多いと思います。

あなたに何か原因がある場合はあなたが変わる努力をすればいいのです。

 

また、本当のあなたと違うイメージを持たれてしまった、誤解されているだけということもあります。

付き合って短い期間で別れてしまうと、いい恋愛関係を築くことができなかったと自信をなくす人もいるかもしれませんが、別れてもまだあなたの良いところを知ってもらうチャンスはあるので、諦めずに復縁に向けて行動してみてください。

  • この記事を書いた人

うさぎくん

当サイト管理人のうさぎです。
アラサーで、過去に復縁に成功した経験があります。

それを元にブログを始めたことがきっかけで100人以上の方に復縁相談をされるようになりました。

アドバイスを元に復縁成功され、感謝の言葉を貰えたのがこのサイト立ち上げのきっかけです。

当サイトはその時のブログを、より整理した形でまとめたものです。あなたの復縁のお手伝いになればと思います。

⇒詳しいプロフィールはこちらです

-冷却期間

Copyright© 元彼、元カノと絶対復縁したい人へ【ヨリもどーる】 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.